ツンギレ猫の日常

うだまの猫ブログです。毎日更新。

猫のための防災グッズ

スポンサーリンク
 

 
DSC_4536

( ・ω・)<今日は防災グッズのご紹介です。


「避難所にうちの子を連れて行って良いのかしら……」と考える

飼い主さんが非常に多いのですが、そもそも環境省は、

「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」(PDF)
という

ガイドラインの中で、災害時のペット同行避難を推奨しております




 

 
DSC_4777


「災害が起こったときに飼い主はペットと同行避難することが基本であるため、

平常時からそれに備えるべき対策についての意識をもち、

ペットの安全と健康を守るとともに、他の避難者への迷惑にならないように努めなければならない」


(災害時におけるペットの救護対策ガイドラインより引用)




 

 
DSC_4843

 


( ・ω・)<とはいえ、ガイドラインにも記載がある通りですが


ペットの同行避難は推奨されているとはいえ、

アレルギーのある避難者や動物が苦手という避難者がいる

ということをしっかり考慮した上で、責任ある飼い主として行動することが重要でございます




 

 
DSC_4942

( ・ω・)<ほんで、ここからも大切





「避難先においてペットの飼育に必要なものは、

基本的には飼い主が用意しておくべきである。(中略)

避難所等にペット用の救援物資が届くまでには時間がかかる場合があるので、

少なくとも5日分(できれば7日分以上が望ましい)は用意しておくとよい」

(災害時におけるペットの救護対策ガイドラインより引用)




 

 
DSC_4958

( ・ω・)<少なくとも救援物資が届くまでのペットの生活に必要なものは、

きちんと用意しておく必要があるとのこと。

環境省のガイドラインで紹介されている、最低限必要なものとは次のものです。

 



・療法食、薬

・フード、水

・予備の首輪、リード(伸びないもの)

・食器

・ガムテープ(ケージの補修など多用途に使用可能)

・飼い主の連絡先とペットに関する飼い主以外の緊急連絡先・預かり先などの情報

・ペットの写真(携帯電話に画像を保存することも有効)

・ワクチン接種状況、既往症、健康状態、かかりつけの病院などの情報


(災害時におけるペットの救護対策ガイドラインより引用)

 

 
DSC_3927

( ・ω・)<ってことで用意してみました(全部じゃないけど)

 

 
DSC_3918

( ・ω・)<ウェットティッシュです

 

 
DSC_3919

( ・ω・)<これはお弁当箱。

お皿としても使えます

 

 
DSC_3920

( ・ω・)<いつも食べているヒルズもしっかりと。

 

 
DSC_3921

( ・ω・)<これはリクちゃんのお薬入れです

 

 
DSC_3922

( ・ω・)<そしてこちらはハーネス




 

 
DSC_3924

( ・ω・)<洗濯用ネット

 

 
DSC_3925

( ・ω・)<あとビニール袋とかカイロがはいったセット

 

 
DSC_3926

( ・ω・)<お水をこうやって直接のめるやつも用意してみました

 

 
DSC_3928

( ・ω・)<お水はペットボトルで。

 

 
DSC_3929

( ・ω・)<これを、鞄に入れて完了です。

 

 
DSC_3933

( ・ω・)<あとから獣医師の先生の教えてもらったんですが

本当はこういうタイヤがついているやつはあんまりよくないそうです

 

 
DSC_3935

( ・ω・)<(防災対策として導入したのですが、

震災が起きた場合は道路がしっちゃかめっちゃかになってて

逆に避難が遅れる危険性があるとのことで)

 

 
DSC_3945

( ・ω・)<病院に行く時など、普段使い用にしようと思います

 

 
DSC_3980

( ・ω・)<あと、ハーネスも入れておくだけではなく、

練習も軽くしておくと大変便利かと

 

 
DSC_4022

( ・ω・)<最近ではかなり使いやすいものが増えておりますので

色々選択肢があるかなと思いまsう

 

 
DSC_3984


 

 
DSC_3995

( ・ω・)<リクちゃんはもうハーネスなんかお手の物!

 

 
DSC_4000

( ・ω・)<でもまぁ「はよはずせや」ぐらいの視線は向けられますけど。。

 

 
DSC_4013

( ・ω・)<以上、防災グッズのご紹介でしたー



Return Top